オリーブリーフの特徴


オリーブリーフはオイルに利用する果実に比べあまり知られていませんが、機能性成分オレウロペインを高濃度(5−15%)に含みます。オリーブ栽培の盛んなチュニジアでは、人々はお茶にして飲んでいます。チュニジアが位置する地中海の乾燥した気候では、オリーブの有機栽培が可能であり、安心してリーフを利用することができます。当社は、チュニジアのハーブ会社と連携し、そこから輸入することが可能です。

チュニジア産オリーブ葉


未利用資源であるチュニジア産オリーブリーフの多くは、有機栽培されポリフェノールの一種であるオレウロペインを豊富に含みます(乾燥重量で5−15%)。このオリーブリーフを日本の技術により機能性成分を保ったまま乾燥することで、飼料やサプリメントなど新たな市場の開拓が計画されています。チュニジア政府も、オリーブのブランディングや高付加価値化に注力し、原料供給国からの脱却を目指しているところです。

有効成分「オレウロペイン」の作用等


様々な研究により、オリーブリーフの抽出物は、抗菌、抗真菌、抗炎症、および老化防止特性や、免疫系を高める作用を有することが知られています。オリーブリーフの抽出物には20種類以上の抗酸化性作用を持つポリフェノールが含まれていますが、主要なものとして、オレウロペインおよびヒドロキシチロソールが含まれます。当社では、既存の作用に加え、血管系、骨、生殖系への効果も明らかにしています。

・血管保護作用
・血圧降下作用(降圧作用)
・生殖機能保護作用
 マウス精子の濃度およびクォリティー低下の改善
 マウス・ラット卵巣機能低下(発情周期遅延・排卵卵子数低下)の改善
・骨形成作用
・など

有効成分量


(準備中)

食品標準成分量


(準備中)