筑波大学発ベンチャー

 食機能探査研究所は、筑波大学生命環境系の教員の研究シーズの社会実装を目指して設立されました。設立メンバーは筑波大学現役の教員、筑波大学OBが中心です。
 平成29年6月には、筑波大学から筑波大学発ベンチャーとして承認され、筑波大学保有の関連する知的財産権のライセンスも受けています。VCからの出資も獲得し、食素材の供給を海外からも確保するため北アフリカのハーブ会社とも資本提携しながら、商品の開発を本格化させていきます。

筑波大シーズが、国による研究プロジェクトに採択

当社は、文部科学省研究成果展開事業の大学発新産業創出プログラム(JST-START)の成果をもとに設立されました。

JST START=大学発新産業創出プログラム (H27年12月~H29年10月)


※事後評価Aを獲得



経済産業省「技術協力型・新興国市場開拓事業費補助金」 (H30年10月~H31年1月)


経済産業省・新興国市場開拓事業費補助事業「飛びだせJapan! 世界の成長マーケットへの展開支援補助金」に(株)アレナビオと共同採択されました。(H30年10月〜H31年1月)

採択課題名:「チュニジア産高オレウロペイン含有のオリーブ葉を活用した飼料および不妊用サプリメント等の開発事業」

各種受賞実績等

茨城テックプランター(H29年12月、株式会社リバネス主催
「世界初の科学的根拠に基づく妊活サプリの開発」  最優秀賞受賞


(株)リバネス主催のビジネスコンペで、茨城県内からの応募32件の中から一次審査を通過した9件が2次審査を通過し、最優秀賞を受賞した。


アグリテックグランプリ(H30年9月、株式会社リバネス主催)
「世界初の科学的根拠に基づく妊活サプリの開発」 ロート賞受賞


(株)リバネス主催のアグリビジネスに関係するビジネスコンペで、全国157件の応募から一次審査を通過した12件が2次審査を通過し、ロート賞を受賞した。


つくば医工連携フォーラム(H31年1月)
「熱ショックタンパク質を介した明日葉の造精機能保護作用」及び「暑熱ストレス依存的な卵巣機能低下に対する明日葉の改善効果」宮崎研究室の学生が優秀ポスター賞受賞


関東畜産学会第74回大会(令和元年11月)「ストレス依存的な雄の生殖機能障害に対するコーヒーチェリーの改善作用」宮崎研究室の学生が優秀発表賞受賞